福岡の注文住宅 長崎材木店|ウッドビレッジ住宅展示場 ー 福岡のスタイルのある「木の家」の注文住宅と暮らしのご提案。

福岡 注文住宅 株式会社長崎材木店

menu

CAPTAIN'S VOICE 社長自ら語る日々のフィロソフィーライフ

  1. 福岡の注文住宅 長崎材木店
  2. CAPTAIN'S VOICE

おはようございます。長崎です。

10月から開始した本社事務所リニューアル工事ですが

床工事も進みほぼ完成の状態迄参りました。

10月ですので指折りでいくと7ヶ月結構な物です。

さて、話題は180度変わりますが、4月となり

私の行きつけの飲み屋さんでも

新人のバイトの子が入って来ています。

また、我が社に於いても新入社員が入って来ておりますので

今日は粋なお酒(日本酒)の注ぎ方、

飲み方というものを飲酒歴35年のわたくしがレクチャー致しましょう。

20180417075143b402.jpg

まず、日本酒にはコップと升もしくはコップと小皿というのが基本です。

個人的にはお燗も何もしない、冷や酒。これが粋です。

さて注ぎ方ですが升の中もしくは小皿の上にコップをセット致します。

ここからですがコップに溢れる迄なみなみと酒を注ぎます。

ここで大事なのは升になみなみと酒を注がなくてはなりません。

飲み手の方としてはおっとと、なみなみとありがとさんと言った感じでお礼を一言。

※先日の新人(高校生)さんはきれいに擦り切り一杯と言った感じでちょっと残念。

 彼女も大人になる事で粋という物を覚えていくのでしょう。乞うご期待。

さて飲み手の方ですが、グラスに顔を近づけ表面張力で膨らんでいるところをまず一口。

グラスの状態が安定したならば今度は手にグラスを持ちふくよかな味や香りを堪能致します。

ここでよくある初心者的なミステークとしては

グラスと升を一緒に口に持ち、升の酒がこぼれて洋服を濡らすパターン。

次に、そのグラスを升や皿の上に戻すのではなく、

おしぼりの底に、とんと置きカウンターの上に静かに置きます。

※そのまま升に入れてしまうとグラスの底がまた酒につかり不衛生でもあり粋では有りません。

ひと呼吸おいて、升に手を伸ばし升の中の酒をぐいっと飲み干します。

後はじわりじわりと酒を口に含み喜びをかみしめるのです。

コップに升の酒は注ぐ方も、飲む方も粋な作法や技術を必要とする飲み方なのです。

ではまた。

RECENT

最近の記事

ARCHIVE

月別アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

0000年

CATEGORY

カテゴリー

▲トップに戻る

「木の家」で作る福岡の注文住宅

株式会社長崎材木店

811-3101 福岡県古賀市天神5丁目10-3
TEL : 092-942-2745 FAX : 092-942-4600
営業時間 : 9:00 - 18:00

Copyright©2004-2013 Nagasakizaimokuten. All right reserved.