福岡の注文住宅 長崎材木店|ウッドビレッジ住宅展示場 ー 福岡のスタイルのある「木の家」の注文住宅と暮らしのご提案。

福岡 注文住宅 株式会社長崎材木店

menu

CAPTAIN'S VOICE 社長自ら語る日々のフィロソフィーライフ

  1. 福岡の注文住宅 長崎材木店
  2. CAPTAIN'S VOICE
  3. 苦々しきグラス

苦々しきグラス

2018021714240182f7.jpg

おはようございます。長崎です。

酒好きの私としては、特にこの冬の時期にがにがしく思う事がございまして

ここでもの申させていただきます。

焼酎のお湯割りを飲むときのグラスについて。

一番劣悪なのが、雲海酒造のグラス。

これが出てくるととため息が出てまいります。

ずっと昔、雲海酒造がそば焼酎を売るためにおまけとして

飲み屋に大量に配ったのがこのグラス。

デザインベースは竹のカップを模した物ですが

そもそもこれは焼酎を冷たいロックで飲むために作られたもの。

お湯割りを飲むためのグラスでは決してありません。

グラスに氷を浮かべて涼しげにソバ焼酎これならまだ分かります。

さてこのグラス、ガラスも分厚くちょっとやそっとでは割れない作り。

それが災いしてグラスにお湯を入れると冷たいグラスが

お湯の熱をちゅうちゅうと吸収してお湯割りを飲むはなから冷えてしまっている。

更にはグラスが大きいため飲みきる頃にはいよいよ冷たくなっている。

間違えてぬるめのお風呂に入ってしまったちょっと寂しい気分。

さらに先述の通り分厚く頑丈なグラスのためちょっとやそっとでは割れません。

飲み屋さんもそれ故、重宝し長持ちするのでしょう。もう30年近く生息しています。

さて焼酎のお湯割りに最も適したグラスとは

決して洒落た陶器の器でもなく、雲海のグラスでもなく。

絶対にメモリのついたこれ、このグラスにガラスの受け皿が合ったらもう完璧です。

2018021714250388bc.jpg

グラスにメモリがついていて、自分の好きな割合を確実に作れる優れもの。

我が家の標準装備品。

ちなみに私は5対5のお湯割り、沸騰したお湯から注ぎます。

よく一般的には47度前後が適温と言われますが
出個人的には来上がったお湯割りの温度が55℃のときが最高です。
最初の飲み口はきりっとした感じ、温度が落ち着いていくにしたがって
次第にほわっとした飲み口(最後は45度前後)に落ち着いてまいります。
安定した温度の仕上がりを求めるには「5:5」の割合、
限りなく正確でなければなりません。
また自分が飲むスピードに合わせた
大きさのグラスで飲まなければなりません。
厚口の大ぶりなグラスで温度が冷めてしまって台無しです。
余談ですがネットなどには、ある程度あら熱を取ったお湯を入れて
47度前後にして飲むと良いなどと書いていてありますが
焼酎お湯割り道30有余年の私から言わせると間違い。
飲みきる頃には温度低下により35度位のぬるーい焼酎になってしまいます。

たまに、ちょっと洒落た陶器カップを出す所もありますがあれもいけません。

カップの形状が変則のため適量を作る事が出来なくなるからです。

さらに陶器の厚みがお湯の温度を吸っていきます。

しっかり、適温とアルコール配合をキープさせる。これがお湯割りの王道的飲み方。

20180217142543fff4.jpeg

ちなみにこれはロック水割り専用グラス。

前出の焼酎の焼酎メーカー(島美人)のものですがお湯割り用とロック用では

グラスの種類が違うのです!お湯割り用はメモリつき。

さすが焼酎メーカーさんは分かっています。

しかしながら、分かってない飲み屋はこれでお湯割りを飲ませる店も良くあります。

これはロック水割り専用のグラス。

苦々しきグラス。

あーすっきりしたー


RECENT

最近の記事

ARCHIVE

月別アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

0000年

CATEGORY

カテゴリー

▲トップに戻る

「木の家」で作る福岡の注文住宅

株式会社長崎材木店

811-3101 福岡県古賀市天神5丁目10-3
TEL : 092-942-2745 FAX : 092-942-4600
営業時間 : 9:00 - 18:00

Copyright©2004-2013 Nagasakizaimokuten. All right reserved.